お手紙 CULTURE

手書きで贈る夏のごあいさつ

暑中見舞いや残暑見舞いは、お世話になった方や友人へ近況報告を兼ねて贈る夏の挨拶状です。
なかなか会えない方へ心をこめた手書きのメッセージを贈りませんか。


暑中見舞い・残暑見舞いの時期

暑中見舞いは、小暑(7月6日頃)から立秋(8月7日頃)の前日までの「暑中」の期間に送ります。
残暑見舞いは、立秋(8月7日頃)から8月末までに届くように送ります。暦の上では秋ですが、暑さが残ることから「残暑」という言葉を使います。


紙司撰 はがき箋 朝顔双紙


暑中見舞い・残暑見舞いの書き方

暑中見舞い、残暑見舞いの基本的な書き方をご紹介いたします。


1)冒頭のあいさつ
「暑中お見舞い申し上げます」や「残暑お見舞申し上げます」などのご挨拶を大きめに書きます。 目上の方に贈る場合は「暑中お伺い申し上げます」「残暑お伺い申し上げます」とすると良いでしょう。


2)時候のあいさつ、先方の安否の確認
時候のあいさつと、お相手の安否を気遣う一文を添えます。
贈るシーンやお相手に合わせた言葉を選び、また時候のあいさつはお相手が住んでいる地域に合わせたごあいさつを贈ります。

例文
・蝉の声が聞こえる季節となりましたが、お健やかにお過ごしのことと存じます。
・暑さ本番を迎えましたが、皆様におかれましてはご健勝のことと存じます。
・盛夏の候、貴社いよいよご盛栄のこととお慶び申し上げます。


3)自分の近況・報告など
次に、自分の現在の状況を伝えます。近況報告は、なるべく具体的な内容、自分の言葉で贈ると受け取る側にも喜ばれます。
また「引越しをしました」や「結婚しました」といった報告がある際は夏のご挨拶と共に報告してもいいですが、贈るお相手によっては別で報告をすると良いでしょう。


4)結びのあいさつ
最後にお相手を気遣う言葉や、締めの言葉とします。

・末筆ながら、御家族御一同様の御健勝をお祈り申し上げます。
・これからも暑さが続きますので、くれぐれもご自愛ください。

お相手に合わせてデザインを贈る

贈るお相手に合わせ、はがきのデザインを選ぶといっそう想いの伝わるご挨拶になります。
和をイメージした風物詩をモチーフにしたものや、送る時期に合わせたモチーフのはがき箋を選ぶと良いでしょう。友人や家族にはかわいらしいデザインや、にぎやかな絵柄のデザインがおすすめです。
ビジネスでお世話になっている方や目上の方には、涼し気な色味の罫線はがきもおすすめです。


紙司撰 はがき箋 侘彩


暑中見舞いや残暑見舞いは、夏の暑さが話題の中心になりがちですが、楽しい出来事や次の季節のことを盛り込むと粋なごあいさつになります。お気に入りのはがき箋、カードで、を見つけて、夏のごあいさつを贈りませんか。


記事一覧へ

品名または品番、キーワードで検索できます