時候のあいさつ(1月/冬)
お手紙 CULTURE

手紙の書き方:時候のあいさつ(1月/冬)


新しい年が始まる月です。昨年のお礼と、お相手の一年のご多幸を願い、ご挨拶を贈りましょう。また、寒さが一年で最も厳しい時期でもあるので、体調を気遣う言葉を添えてもいいでしょう。


文例:親しい間柄の時候のあいさつ

  • 寒い日が続いていますが、お変わりありませんか?
  • キリリとした空気が心地よい季節ですね。
  • 外の空気が冷たく南天の実も真っ赤に色づいています。
  • 良き初春を迎えられたことと思います。

文例:あらたまった相手への時候のあいさつ

  • 新春を寿ぎ、つつしんで年頭のごあいさつを申し上げます。
  • 松の内のにぎわいの日々から、日常に戻ってまいりました。
  • 厳しい寒さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
  • 庭の寒椿が咲き、寒さの中にも静かな春の足音を感じております。

文例:ビジネスの相手への時候のあいさつ

  • 新春(しんしゅん)の候【1月上旬〜1月中旬】
    「新春の候」(しんしゅんのこう)とは「新しい年が巡ってきた季節」を表します。お正月のイメージがある言葉なので、15日までに用いると良いでしょう。

  • 初春(しょしゅん・はつはる)の候【1月上旬〜1月中旬】
    「初春の候」(しょしゅん・はつはるのこう)とは「春が始まりますね」または「新しい年が始まりますね」という意味です。新春の候と同じように15日までに用いると良いでしょう。

  • 寒冷(かんれい)の候【1月中旬〜1月下旬】
    「寒冷の候」(かんれいのこう)とは「寒さが厳しくなってくる季節」です。12月全般から1月全般にかけて用います。しかし、元旦から1月15日位までは、新春を祝う「新春の候」や「初春の候」を使用し、1月16日以降に用いるのがおすすめです。

  • 寒風(かんぷう)の候【1月下旬】
    「寒風の候」(かんぷうのこう)とは「冬の寒い風が吹く季節ですね」という意味です。1年のうち最も寒い時期の挨拶です。

  • 酷寒(こっかん・こくかん)の候【1月全般】
    「酷寒の候」(こっかん・こくかんのこう)は「寒さが身に染みる季節になりました」という意味です。冬至から立春の前日まで用いることが出来ます。

  • 厳寒(げんかん)の候【1月全般】
    「厳寒の候」(げんかんのこう)は「厳しい寒さの季節ですね」という挨拶です。1月〜2月のいわゆる真冬の季節に用いると良いでしょう。

ビジネスでは簡潔に用件を伝える文書が好まれるため、漢語調の時候のあいさつにします。「〜の候」は「〜のみぎり」に置き換え可能です。ビジネスでも、やわらかさを出したい相手や個人のお客様へは和文調のあいさつでも問題ありません。

季節の行事や風物詩

  • 元旦
  • 初夢
  • 正月
  • 門松
  • 年賀状
  • お年玉
  • おせち
  • 七草
  • 鏡開き
  • 羽根つき
  • 書き初め
  • 初詣
  • 成人の日
  • どんど焼き

1月は新しい一年が始まる月です。お年玉や初詣など、新年らしい楽しみがたくさんあります。松の内(1月7日まで)を過ぎるといよいよ寒の入り。寒さが厳しい中、梅のつぼみも見られ、春が待ち遠しくなる季節となります。

1月の花や植物

  • ウメ
  • スイセン
  • シンビジューム
  • センリョウ
  • カンツバキ
  • ハボタン
  • クリスマスローズ
  • シクラメン
  • スノードロップ
  • ロウバイ
  • フクジュソウ

1月の節気

【小寒(しょうかん)1月5日頃】寒さが加わるという意味で「寒の入り」とも呼ばれ、厳しい寒さが始まる時期です。小寒から大寒の終わりまでを「寒中」と呼び、寒中見舞いを送ります。

【大寒(だいかん)1月20日頃】寒さが最も厳しくなる時期です。立春から始まる二十四節気の最後で、この時期の寒さをすぎると、暦の上での春が訪れます。

ほかの月の時候のあいさつ

記事一覧へ

▲ページトップへ戻る

品名または品番、キーワードで検索できます

商品カテゴリー

Design Series
Size
book