時候のあいさつ(10月/秋)
お手紙 CULTURE

時候のあいさつ(10月/秋)


日ごとに秋も深まる10月。空気が澄みわたり、突き抜けるような青空が広がる爽やかで過ごしやすい季節です。木々の色づきや虫の音色など、移り変わる四季の様子を感じられます。芸術の秋や食欲の秋などの楽しい話題を織り込んでも良いでしょう。


文例:親しい間柄の時候のあいさつ

  • 澄みわたる空気が心地よく感じられるようになりました、いかがお過ごしですか
  • 金木犀の香りに四季の移ろいを感じる今日この頃です
  • 虫の音が心地よく、ついつい夜長を楽しんでしまいます
  • 秋の日はつるべ落としというようにすっかり日が短くなってきました
  • The roadside trees begun to turn red.They were so wonderful.

文例:あらたまった相手への時候のあいさつ

  • 木々の葉が色付き始める頃、いかがお過ごしでしょうか
  • 菊花薫る時節、お変わりなくお過ごしのことと存じます
  • 気持ちの良い秋風が吹きわたる頃となりました
  • いよいよ秋も深まり、朝晩には肌寒さを感じる季節となりましたが皆さまお変わりありませんか

文例:ビジネスの相手への時候のあいさつ

  • 仲秋(ちゅうしゅう)の候【9月中旬〜10月初旬頃】
    「仲秋の候」(ちゅうしゅうのこう)とは、「秋も深まってきた季節」を表します。白露(9月7日)から寒露(10月8日)の間で用いることができるあいさつです。

  • 秋晴(しゅうせい)の候【9月中旬〜10月下旬】
    「秋晴の候」(しゅうせいのこう)とは「晴れわたる秋の天気」という意味です。9月の初旬から10月いっぱいまで使うことのできるあいさつですが、年によって天気が異なるので、その年の気候に合わせて用いると良いでしょう。

  • 紅葉(こうよう)の候【10月8日〜下旬頃】
    「紅葉の候」(こうようのこう)とは「秋になって木の葉が赤く(黄色く)なる」という様子を表しています。地域やその年によって木の葉が色付き始めるタイミングはそれぞれですので、紅葉が始まったと感じられた時に用います。

  • 清秋(せいしゅう)の候【10月全般】
    「清秋の候」(せいしゅうのこう)とは「空が清く澄みわたった秋の季節」のことです。秋の涼しさや爽やかさが感じられるような時期に用いる言葉で、10月いっぱい使うことができます。

  • 寒露(かんろ)の候【10月中旬〜10月下旬】
    「寒露の候」(かんろのこう)とは、「霜の降りそうなほど寒い時季になりましたね」という意味です。寒露(10月8日)から、霜降(10月23日)の前日まで使うことができるあいさつです。

  • 錦秋(きんしゅう)の候【10月中旬〜11月中旬】
    「錦秋の候」(きんしゅうのこう)とは「紅葉が錦のように色づいて美しい季節」のことです。紅葉の美しいシーズンに使う時候のあいさつです。

ビジネスでは簡潔に用件を伝える文書が好まれるため、漢語調の時候のあいさつにします。「〜の候」は「〜のみぎり」に置き換え可能です。ビジネスでも、やわらかさを出したい相手や個人のお客様へは和文調のあいさつでも問題ありません。

季節の行事や風物詩

  • 十三夜
  • 衣替え
  • 神嘗祭
  • 夕焼け
  • 紅葉狩り
  • 読書
  • 月待ち
  • 銀杏並木
  • 稲刈り
  • 新米
  • 果物狩り
  • 芸術
  • ハロウィン
  • 秋祭り
  • いわし雲

10月は気候が良く、行楽に最適な季節です。実りの秋を迎えて、各地では旬の食べ物をいただくイベントも開催されます。高い空、澄んだ空気、秋の花々に紅葉と、目にも舌にも楽しい季節です。

10月の花や植物

  • アザミ
  • ナナカマド
  • コスモス
  • リンドウ
  • カラスウリ
  • コムラサキ
  • ノボタン
  • キンモクセイ
  • ヤマブドウ
  • ワレモコウ
  • アケボノソウ
  • フジバカマ
  • キク
  • オミナエシ
  • バラ

10月の節気

【寒露(かんろ)10月8日頃】秋晴れの日も多くなり、夜には月が綺麗です。朝晩の冷え込みが進み、草木の露も霜になりそうなほど冷たくなる時期です。

【霜降(そうこう)10月23日頃】紅葉が深まり、山が色づく時期です。寒い地域や標高の高い土地では霜がおり、冬の足音を感じられます。

ほかの月の時候のあいさつ

▲ページトップへ戻る

品名または品番、キーワードで検索できます

 

商品カテゴリー

Design Series
Size
book