手紙の書き方:時候のあいさつ(9月)
お手紙 CULTURE

手紙の書き方:時候のあいさつ(9月/秋)


残暑を感じながらも、次第に本格的な秋の訪れを感じはじめる9月。日々色濃くなっていく秋の気配を伝える時候のあいさつを添えるのが一般的です。また、涼やかな風と共に聞こえてくる虫の音をあいさつに織り交ぜるのもよいでしょう。


文例:親しい間柄の時候のあいさつ

  • 日増しに秋の深まる気配を感じます
  • 吹く風もすっかり秋めいて過ごしやすくなりましたね
  • さわやかな秋晴れが続いています。お変わりありませんか
  • 高い空にうろこ雲が広がって季節はすっかり秋です

文例:あらたまった相手への時候のあいさつ

  • 続いていた残暑もようやく和らいできました、お元気ですか
  • 実りの秋を迎え、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます
  • 日ごとに秋の深まりを感じる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか
  • 暦の上では秋分も過ぎましたが、皆様お変わりございませんでしょうか

文例:ビジネスの相手への時候のあいさつ

  • 残暑(ざんしょ)の候【8月上旬〜9月上旬】
    「残暑の候」(ざんしょのこう)とは「立秋を過ぎても暑い日が続きますね」という意味です。立秋(8月7日)以降から白露(9月7日)の前日までを目安に送りましょう。
  • 新秋(しんしゅう)の候【8月上旬〜9月上旬】
    「新秋の候」(しんしゅうのこう)とは「秋になり始めた頃」に使うあいさつです。「残暑の候」と同様に、立秋(8月7日)から白露(9月7日)の前に用いるとよいでしょう。
  • 爽秋(そうしゅう)の候【9月上旬〜9月中旬】
    「爽秋の候」(そうしゅうのこう)とは「空気が澄んでいて気持ちのいい秋、爽やかな秋」という意味です。贈るお相手の地域の気候に合わせて使いましょう。
  • 白露(はくろ)の候【9月上旬〜9月下旬】
    「白露の候」(はくろのこう)とは「白露の季節になりましたね」というあいさつです。白露(9月7日)から、秋分(9月22日)の前日まで用いることができます。
  • 野分(のわき)の候【9月上旬〜9月下旬】
    「野分の候」(のわきのこう)とは「野の草を分けるように風が強く吹く頃ですね」という意味です。9月いっぱい用いることができるあいさつです。
  • 仲秋(ちゅうしゅう)の候【9月中旬〜10月上旬】
    「仲秋の候」(ちゅうしゅうのこう)とは「秋もだいぶ深まってきた頃」に用いることができるあいさつです。白露(9月7日)から寒露(10月8日)の間に用いるとよいでしょう。

ビジネスでは簡潔に用件を伝える文書が好まれるため、漢語調の時候のあいさつにします。「〜の候」は「〜のみぎり」に置き換え可能です。ビジネスでも、やわらかさを出したい相手や個人のお客様へは和文調のあいさつでも問題ありません。

季節の行事や風物詩

  • 重陽の節句
  • 菊の被せ綿
  • お月見
  • 敬老の日
  • お彼岸
  • うろこ雲
  • 虫の声
  • 秋の七草
  • 秋祭り
  • 赤とんぼ

秋らしさが増していく9月は、夏から秋へと移ろう季節です。台風や長雨は恵みの雨となり、やがて実りの秋を迎えおいしい味覚が楽しめるようになります。

9月の花や植物

  • チョコレートコスモス
  • キキョウ
  • ワレモコウ
  • リンドウ
  • ノボタン
  • コムラサキ
  • ハギ
  • ススキ
  • カラスウリ
  • アケボノソウ
  • ヤマブドウ
  • キンモクセイ
  • ノコンギク
  • シュウメイギク
  • ヒガンバナ
  • ツリバナ
  • ムラサキシキブ

9月の節気

【白露(はくろ)9月7日頃】早朝に露が見られるようになる頃です。晴れた日には空気が澄んで遠くの山々がよく見えますが、草木や花に朝露が見られるようになり、秋の訪れを感じる時期です。

【秋分(しゅうぶん)9月22日頃】秋の彼岸の中日。この日を境に昼よりも夜のほうが長くなり、「秋の夜長」がはじまります。残暑もようやく和らぎ、季節の変わり目でしのぎやすくなっていきます。

ほかの月の時候のあいさつ

記事一覧へ

▲ページトップへ戻る

品名または品番、キーワードで検索できます

 

商品カテゴリー

Design Series
Size
book