手紙の書き方:時候のあいさつ(3月/春)
お手紙 CULTURE

手紙の書き方:時候のあいさつ(3月/春)

3月は本格的な春の訪れを感じさせる季節。春らしい言葉を入れるのがポイントです。いろいろな変化への準備の月でもあるので次のステップに進む人には、はなむけの言葉を送りましょう。


文例:親しい間柄の時候のあいさつ

  • 春になるとなんだかうきうきしますね。
  • はかま姿の卒業生を目にするとこちらまで心華やぎます。
  • 厚いコートやセーターを片付け、春を迎える準備をしています。
  • 春霞の漂う季節となりました。

文例:あらたまった相手への時候のあいさつ

  • 日増しに暖かくなり、桜のつぼみも膨らんできました。
  • 桃の節句も過ぎ、ようやく春が感じられるようになりました。
  • 暑さ寒さも彼岸までと申しますが、お変わりないですか。
  • 青空に満開の桜が映えますね。いよいよ春本番です。

文例:ビジネスの相手への時候のあいさつ

  • 早春(そうしゅん)の候【2月上旬〜3月上旬】
    「早春の候」(そうしゅんのこう)とは「春になって間もない時期」のことです。 花の開花が始まるくらいまで用いることのできる挨拶文です。

  • 春暖(しゅんだん)の候【3月中旬〜4月末】
    「春暖の候」(しゅんだんのこう)とは「春の温かさが感じられる季節ですね」という意味です。桜が咲きだす、春らしい陽気を感じ始めるころを目安に用いるのが良いでしょう。

  • 春分(しゅんぶん)の候【3月20日〜4月上旬】
    「春分の候」(しゅんぶんのこう)とは「桜が咲き始め、春の暖かさを感じられる季節」に用います。桜がほころび始める春分から、次の節気である「清明」の前日まで用いることができます。

  • 麗日(れいじつ)の候【3月全般】
    「麗日の候」(れいじつのこう)とは「麗らかな春の日」という意味で、春の暖かさを感じられる言葉です。3月全般で用いることができますが、お手紙を送る相手の住んでいる地域の気候を考慮すると良いでしょう。

  • 春風(しゅんぷう)の候【3月下旬〜4月中旬】
    「春風の候」(しゅんぷうのこう)とは「春の穏やかな風が吹く季節になりましたね」という意味です。3月下旬になっても寒いと感じる年には使用時期を少し遅らせるのも良いでしょう。

  • 桜花(おうか)の候【3月中旬〜4月上旬】
    「桜花の候」(おうかのこう)とは桜の花が美しく咲き誇っていることです。花が入った挨拶はほんの少し早めに出すのが粋なので、満開になる前に用いると良いでしょう。

  • ビジネスでは簡潔に用件を伝える文書が好まれるため、漢語調の時候のあいさつにします。「〜の候」は「〜のみぎり」に置き換え可能です。ビジネスでも、やわらかさを出したい相手や個人のお客様へは和文調のあいさつでも問題ありません。

    季節の行事や風物詩

    • お花見
    • ひな祭り
    • ホワイトデー
    • 卒業式
    • 合格発表
    • 春分の日
    • お彼岸
    • 人事異動
    • 春休み
    • 菜種梅雨

    日々暖かさが増していく3月。若草が芽吹き、本格的に暖かくなります。また4月からの新生活に向けた準備など新しいことが始まる活気あふれる時期でもあり、未来への期待が膨らみます。

    3月の花や植物

    • モモ
    • サクラ
    • コブシ
    • ネコヤナギ
    • タンポポ
    • ジンチョウゲ
    • パンジー
    • ヒヤシンス
    • ナノハナ
    • ツクシ
    • フキノトウ

    3月の節気

    【啓蟄(けいちつ)3月6日頃】「冬ごもりしていた生き物たちが地上に出てくる季節」という意味です。日差しも徐々に暖かくなり、春に近づいていきます。

    【春分(しゅんぶん)3月21日頃】春の彼岸の中日です。この日を境に昼間の長さを感じられるようになります。寒さが和らぎ、過ごしやすい季節になります。

    ほかの月の時候のあいさつ

    品名または品番、キーワードで検索できます

    商品カテゴリー

    Design Series
    Size
    book