手紙の書き方:時候のあいさつ(2月/春)
お手紙 CULTURE

手紙の書き方:時候のあいさつ(2月/春)

梅開花の便りも届き始める2月。まだ寒さが残っているものの、暦の上では春がはじまります。季節の進み具合をふまえて、春の足音が感じられるようなご挨拶をおくりましょう。


文例:親しい間柄の時候のあいさつ

  • 節分も過ぎ、春の気配を感じられるようになりました。
  • 今年もうぐいすが春を知らせにきてくれました。
  • 庭で咲いたスミレに、春の小さな足音を感じています。
  • 三寒四温の言葉通り、あたたかな日が増えてきましたね。

文例:あらたまった相手への時候のあいさつ

  • 余寒厳しき折、お変わりなくお過ごしのことと存じます。
  • 春まだ浅く、コートが手放せない日が続きます。
  • 残寒の中にも、かすかな春の息吹が感じられるようになりました。
  • 心なしか寒さもゆるんできたように感じられる今日この頃、本格的な春の訪れを心待ちにしております。

文例:ビジネスの相手への時候のあいさつ

  • 節分(せつぶん)の候【2月1日〜2月4日】
    「節分の候」(せつぶんのこう)とは「節分の時期になりましたね」という挨拶です。立春の前日の節分は「季節を分ける」という意味があり、豆をまいて邪気を払い、春を迎える準備をする日です。

  • 立春(りっしゅん)の候【2月4日〜2月中旬】
    「立春の候」(りっしゅんのこう)とは「春が始まりました」という挨拶として用います。二十四節気で「立」の字がつくのはそれぞれの季節の始まりとされています。次の節気の雨水までの期間であれば使うことができます。

  • 春寒(しゅんかん)の候【2月4日〜3月上旬】
    「春寒の候」(しゅんかんのこう)とは「まだ寒いですが、春がやってきました」という意味です。立春が過ぎたものの、春風がまだ肌に冷たく感じられる頃に使います。

  • 余寒(よかん)の候【2月4日〜3月上旬】
    「余寒の候」(よかんのこう)とは「暦の上では春なのに肌寒い時期」のことです。「春寒の候」と似ていますが、「春寒」は春のおとずれに比重をかけているのに対し、「余寒」は寒さに重点を置いています。

  • 向春(こうしゅん)の候【2月上旬〜3月下旬】
    「向春の候」(こうしゅんのこう)とは「日ごとに春に向かっていますね」という挨拶です。 外は日差しも暖かくなり、春を待つ心弾む気持ちを表す言葉です。

  • 浅春(せんしゅん)の候【2月下旬〜3月中旬】
    「浅春の候」(せんしゅんのこう)とは「まだ春が浅い時期」を表します。まだ少し寒さが残っている時期に用います。現在の暦に合わせ、2月下旬頃から使い始めるのが良いでしょう。

  • ビジネスでは簡潔に用件を伝える文書が好まれるため、漢語調の時候のあいさつにします。「〜の候」は「〜のみぎり」に置き換え可能です。ビジネスでも、やわらかさを出したい相手や個人のお客様へは和文調のあいさつでも問題ありません。

    季節の行事や風物詩

    • 節分
    • 豆まき
    • 恵方巻き
    • バレンタインデー
    • 薄氷
    • 春一番
    • 梅まつり
    • 三寒四温
    • 寒明の雨
    • 雪解け
    • 旧正月
    • 春節
    • 入試

    まだまだ寒い日が多いものの、着実に春が近づいてきている2月。厳しい寒さの中にも、気温の高めな日が混ざりはじめます。旧暦では1年のはじまりの月で、二十四節気も最初の節気と、暦の上では1年の区切りにあたります。

    2月の花や植物

    • スノードロップ
    • オオイヌノフグリ
    • スミレ
    • パンジー
    • ビオラ
    • マンサク
    • ヤドリギ
    • フユボタン
    • ウメ
    • ミモザ
    • クロッカス
    • デイジー
    • セツブンソウ
    • フリージア
    • カワヅザクラ

    2月の節気

    【立春(りっしゅん)2月4日頃】二十四節気の最初の節気です。梅の花が咲き始め、徐々に暖かくなり、春の始まりとなります。

    【雨水(うすい)2月19日頃】「雪に変わって雨が降るようになる」という意味です。雪解け水に春の足音が聞こえ始め、春一番が吹く頃です。

    ほかの月の時候のあいさつ

    記事一覧へ

    ▲ページトップへ戻る

    品名または品番、キーワードで検索できます

    商品カテゴリー

    Design Series
    Size
    book