時候のあいさつ(8月/秋)
お手紙 CULTURE

手紙の書き方:時候のあいさつ(8月/盛夏)


暑さがピークを迎える8月。夏ならではの風物詩など、夏の楽しさを感じられるような言葉を贈りましょう。
また暦の上では秋に入りますので、暑さをやわらげ、涼しさを届ける言葉を織り込むのもよいでしょう。

時候のあいさつ(8月/秋)
レターセット 夏遊

文例:親しい間柄の時候のあいさつ

  • 強い日差しに負けずひまわりが元気に咲きほこる季節となりました
  • 毎日暑い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか
  • 虫たちの涼やかな声にはや秋の訪れを感じています
  • 夕涼みにほっとひと息つく晩夏の今日このごろです

文例:あらたまった相手への時候のあいさつ

  • 暦の上では秋となりましたが、暑い日が続いています。お変わりありませんか
  • この夏そちらは記録的な暑さとのこと、お見舞い申し上げます
  • そよめく風の中にも秋の気配が感じられる頃となりました
  • 秋の到来が待ち遠しいこの頃、先生におかれましてはご健勝にお過ごしのことと存じます

文例:ビジネスの相手への時候のあいさつ

  • 盛夏(せいか)の候【7月上旬〜8月上旬】
    「盛夏の候」(せいかのこう)とは「夏の盛りの頃」に使うことができるあいさつです。梅雨が明けて暑くなる大暑の期間中(7月22日〜8月6日)を目安に用いるとよいでしょう。
  • 残暑(ざんしょ)の候【8月上旬〜9月上旬】
    「残暑の候」(ざんしょのこう)とは「立秋を過ぎても暑い日が続きますね」という意味です。立秋(8月7日)以降から白露(9月7日)の前日までを目安に送りましょう。
  • 晩夏(ばんか)の候【8月上旬〜8月中旬】
    「晩夏の候」(ばんかのこう)とは「夏の終わり」の時季を表します。暦の上では「立秋」の前日(8月6日)で夏が終わるため、8月上旬までの挨拶ですが、季節感にそぐわないため、8月中旬頃まで一般的に使われています。
  • 立秋(りっしゅう)の候【8月上旬〜8月中旬】
    「立秋の候」(りっしゅうのこう)とは「秋の始まり」という意味です。二十四節気では立秋は8月7日〜22日頃とされていますので、その間に使うとよいでしょう。
  • 秋暑(しゅうしょ)の候【8月上旬〜8月下旬】
    「秋暑の候」(しゅうしょのこう)とは「秋になりましたが、まだ暑い日が続きます」というあいさつです。立秋を過ぎたあと、8月下旬まで用いることができます。
  • 向秋(こうしゅう)の候【8月中旬〜8月下旬】
    「向秋の候」(こうしゅうのこう)とは「秋に向かう時季になりました」というあいさつです。主にお盆を過ぎたころから、8月いっぱいまで用いることができます。

ビジネスでは簡潔に用件を伝える文書が好まれるため、漢語調の時候のあいさつにします。「〜の候」は「〜のみぎり」に置き換え可能です。ビジネスでも、やわらかさを出したい相手や個人のお客様へは和文調のあいさつでも問題ありません。

季節の行事や風物詩

  • 夏休み
  • お盆
  • 精霊流し
  • 盆踊り
  • 浴衣
  • うちわ
  • 花火大会
  • 残暑見舞い
  • 夕立
  • 風鈴
  • 入道雲
  • 水遊び
  • 金魚
  • 夏祭り
  • とんぼ
  • ひぐらし
  • 鈴虫

7月に続き8月も、花火大会や盆踊り、といった夏ならではの楽しい行事がたくさんあります。処暑の頃になると、地域によっては心地よい風が吹き始め、秋の訪れを感じられるようになります。

8月の花や植物

  • アサガオ
  • ヒマワリ
  • ハイビスカス
  • ツユクサ
  • キキョウ
  • ナデシコ
  • ノアザミ
  • プルメリア
  • ホウセンカ
  • サルスベリ
  • ハギ
  • マツヨイグサ
  • ツルリンドウ
  • スイレン
  • ホオズキ

8月の節気

【立秋(8月7日頃)】暦の上での秋のはじまりで、残暑の中にも秋の気配が感じられるようになります。この日以降は暑中見舞いではなく残暑見舞いを送ります。

【処暑(8月23日頃)】暑さもおさまりはじめ、朝晩の涼しさに秋の訪れを感じます。子どもたちの夏休みも終わり、心身ともに本格的な秋に備える季節です。

ほかの月の時候のあいさつ

▲ページトップへ戻る

品名または品番、キーワードで検索できます

商品カテゴリー

Design Series
Size
book