手紙の書き方:時候のあいさつ(7月/夏)
お手紙 CULTURE

手紙の書き方:時候のあいさつ(7月/夏)


7月は梅雨が明けて夏の暑さが本格的になる季節です。暑さによる体調の変化を気遣ったり、夏ならではのイベントが楽しみになるような話題を贈るとよいでしょう。


文例:親しい間柄の時候のあいさつ

  • みおちゃんは子供会の七夕でどんな願いごとをしましたか
  • ようやく梅雨明けし、夏本番の暑さが続いていますね
  • 太陽がまぶしく輝き、夏の到来を感じさせる季節となりました
  • お庭の朝顔が今年も涼しげに美しく咲いています

文例:あらたまった相手への時候のあいさつ

  • 晴天が続き、暑さ厳しきおりではございますが、お変わりなくお過ごしでしょうか
  • 連日の猛暑でございますが、ご家族の皆様はお元気でいらっしゃいますか
  • 夏の入道雲のように、ますますご隆盛のことと、お喜び申し上げます
  • 陽射しが日ごとに強まり、外出には日傘が欠かせない季節となりました

文例:ビジネスの相手への時候のあいさつ

  • 七夕(しんりょく)の候【7月上旬】
    「七夕の候」(たなばたのこう)とは「七夕祭りの季節ですね」という意味です。七夕を8月に行う地域もありますので、送る際は注意が必要です。

  • 小暑(しょうしょ)の候【7月上旬〜7月中旬】
    「小暑の候」(しょうしょのこう)とは「暑さが次第に強まっていく季節」に使うあいさつです。夏本番の暑さになるまえに使うと良いでしょう。
  •    
  • 盛夏(せいか)の候【7月上旬〜8月上旬】
    「盛夏の候」(せいかのこう)とは「夏の盛りのもっとも暑い時期」に使うことができます。梅雨が明けて、暑くなってくる時期に使うあいさつです

  • 驟雨(しゅうう)の候【7月下旬】
    「驟雨の候」(しゅううのこう)とは「夏の午後に、急に激しく降るにわか雨(夕立)」のことです。夕立が降る季節に合わせて使いましょう。

  • 炎暑(えんしょ)の候【7月下旬〜8月上旬】
    「炎暑の候」(えんしょのこう)とは「燃えるような厳しい暑さ」を表すあいさつです。秋を感じ始める立秋の前まで使うことができます。

  • 酷暑(こくしょ)の候【7月下旬〜8月上旬】
    「酷暑の候」(こくしょのこう)とは「厳しい暑さ、うだるような暑さ」という意味です。炎暑と同じく、立秋の前まで使うあいさつです。

  • ビジネスでは簡潔に用件を伝える文書が好まれるため、漢語調の時候のあいさつにします。「〜の候」は「〜のみぎり」に置き換え可能です。ビジネスでも、やわらかさを出したい相手や個人のお客様へは和文調のあいさつでも問題ありません。

    季節の行事や風物詩

    • 海開き
    • 山開き
    • 祇園祭(京都)
    • 七夕祭り
    • 天の川
    • プール
    • 海水浴
    • お中元
    • 夏休み
    • 夏祭り
    • 花火
    • 日焼け
    • 浴衣
    • うちわ
    • 風鈴
    • 入道雲
    • 夕涼み

    とにかく暑さが話題になる7月。暑中見舞を出す時季でもあります。また、海開き、山開きが行われ、子どもたちは夏休みに入りますので、イベントが盛りだくさんの楽しい季節です。

    7月の花や植物

    • アサガオ
    • トケイソウ
    • ツユクサ
    • ユリ
    • ダリア
    • センニチコウ
    • ヤマボウシ
    • スイレン
    • ホウセンカ
    • キョウチクトウ
    • ベゴニア
    • ハイビスカス
    • ヒマワリ

    7月の節気

    【小暑(7月7日頃)】梅雨明け間近で湿度が高く、さらに気温も高くなります。日に日に増していく暑さに、山や海へ避暑にでかけたくなる季節です。

    【大暑(7月22日頃)】季節はいよいよ本格的な夏に入り、暑さのピークが訪れます。子どもたちは夏休みで元気一杯、大人たちは夏バテに注意が必要な季節です。

    ほかの月の時候のあいさつ

    記事一覧へ

    ▲ページトップへ戻る

    品名または品番、キーワードで検索できます

    Design Series
    Size
    book