時候のあいさつ(6月/夏)
お手紙 CULTURE

手紙の書き方:時候のあいさつ(6月/夏)

日本の6月と言えば、やはり梅雨です。雨の中で美しく咲く紫陽花や瑞々しい草木の様子や、梅雨晴れの空の爽快さを贈るとよいでしょう。初夏を感じさせる暑さになったり、春を感じさせる肌寒さに戻ったりと、気温の変化で体調を崩しやすい季節でもあります。実際の気候をふまえて、お相手を気づかう言葉を贈りましょう。


文例:親しい間柄の時候のあいさつ

  • 雨上がりに紫陽花が美しく輝いています。お元気ですか
  • 娘の制服も衣替えになり、もうそんな時期かと驚いています
  • 雨上がりに甘いクチナシの薫りが漂う季節となりました
  • お父さんの大好きなびわの季節がやってきましたね

文例:あらたまった相手への時候のあいさつ

  • 梅雨入りもまもなくですが、初夏の陽気が続いています
  • 梅雨冷の日が続いておりますが、お変わりなくご活躍とのこと、お喜び申し上げます
  • 爽やかな初夏のみぎり、ご壮健でお過ごしでいらっしゃいますか
  • 夏至を過ぎて梅雨明けが待ち遠しい季節ですが、ご家族の皆様はつつがなくお過ごしでしょうか

文例:ビジネスの相手への時候のあいさつ

  • 薄暑(はくしょ)の候【6月上旬】
    「薄暑の候」(はくしょのこう)とは初夏のころの少し感じる暑さのことです。実際の気候に合わせて使うとよいでしょう。
  • 青葉(あおば)の候【6月上旬】
    「青葉の候」(あおばのこう)とは「木々が青々と茂る季節」という意味です。青葉は夏の季語なので、5月から梅雨が本格的になる前まで使うことができます。



  • 入梅(にゅうばい)の候【6月上旬〜中旬】
    「入梅の候」(にゅうばいのこう)とは「梅雨入りの季節になりました」という意味です。雑節のひとつで、暦の上での梅雨入りの日のことです。

  • 梅雨(つゆ・ばいう)の候【6月中旬〜下旬】
    「梅雨の候」(つゆ・ばいうのこう)とは梅雨の時期全般に使うことができるあいさつです。贈るお相手の地域に合わせて使うと良いでしょう。



  • 向夏(こうか)の候【6月全般】
    「向夏の候」(こうかのこう)とは「夏に向かう頃」のことです。7月7日の小夏まで使うことができます。


  • 夏至(げし)の候【6月下旬】
    「夏至の候」(げしのこう)は「夏至」の期間に使うことができます。「夏至」は6月21日頃から、7月7日頃の「小暑」の前日までとなります。



ビジネスでは簡潔に用件を伝える文書が好まれるため、漢語調の時候のあいさつにします。「〜の候」は「〜のみぎり」に置き換え可能です。ビジネスでも、やわらかさを出したい相手や個人のお客様へは和文調のあいさつでも問題ありません。

季節の行事や風物詩

  • 衣替え
  • 夏服
  • 父の日
  • ジューンブライド
  • 梅雨
  • 山開き
  • かたつむり
  • あめんぼ
  • ホトトギス
  • かわせみ
  • カエル

6月は夏への入り口です。 雨の合間に爽やかな初夏の風情が感じられる季節でもあります。季節の変わり目で衣替えをする家庭も多いことでしょう。

6月の花や植物

  • アジサイ
  • バラ
  • ビワ
  • クチナシ
  • シャクヤク
  • ドクダミ
  • ヤマボウシ
  • アマリリス
  • クレマチス
  • ラベンダー

6月の節気

【芒種(6月6日頃)】穂の出るイネや麦などの植物の種をまく季節を意味します。梅の実が青から黄色に変わり、蛍が現れ始める頃でもあります

【夏至(6月21日頃)】1年でもっとも昼が長く、太陽が高くのぼる日です。じわじわと暑さが増して、夏らしい陽気の日が増えはじめます。

ほかの月の時候のあいさつ

記事一覧へ

▲ページトップへ戻る

品名または品番、キーワードで検索できます

Design Series
Size
WEDDING
book
kamitopen