お手紙 CULTURE

お中元に「一筆箋」を添えて、心の込もった贈り物

お中元は、お世話になった方に日ごろの感謝の気持ちを込めて贈る夏のご挨拶です。
今年は何を贈ろうか思案されている方も多いと思いますが、お中元に一筆箋で手書きのメッセージを添えることで、より感謝の気持ちが伝わる贈り物となります。

お中元を贈る時期

贈る時期は地域によって異なりますが、首都圏では7月上旬から15日頃までに贈るのが本来の習慣で、最近では6月下旬から7月15日までに贈るのが一般的とされています。
これをすぎる場合、立秋(8月7日頃)までは表書きを「暑中御見舞」、立秋以降は「残暑御見舞」とします。
地域によっては7月上旬から8月15日頃がお中元の期間とされています。

心の込もったお中元を贈るなら、言葉がカギ

現在お中元を贈るときは、百貨店などで品物を選んで発送をすることが多くなっています。どのような贈り物を選ぶかもお中元には欠かせない心配りですが、 手書きの言葉を添えることで、思いがより一層伝わる贈り物になるでしょう。



お中元の一筆箋には、涼しげな演出で夏の心配りを

お中元に添える一筆箋はお中元の品物にあわせ、夏を涼しげに彩る朝顔や風鈴など、絵柄入りの一筆箋がおすすめです。絵柄入りのものが手元にない場合は、夏を表現したシールを貼っても良いでしょう。



目上の方に贈ることも多いお中元なので、和紙に罫が入ったシンプルな一筆箋もあらたまった印象になります。また、一筆箋を封筒に入れるとより丁寧な印象になりますので、お揃いのデザインのものや、 一筆箋セットで贈るのもおすすめです。

一筆箋には、感謝と気づかいを素直に書くのがポイント

一筆箋に添える言葉としては、お相手への感謝が込められていること、気づかいが感じられることが大切です。お相手の好みに沿ったもの、贈り物に込めた想いや、季節のご挨拶、健康を気遣う言葉を文頭や文末に入れて贈りましょう。

こうした一筆箋やはがきは、手書きで書くのがおすすめです。手書きは、個性や気持ちが字の表情となり、思いより一層伝わります。この夏は、手書きが映えるアイテムを使って、お中元に言葉を添える贈り物をしてみませんか。

お中元を頂いたら

お中元が届いたらお礼状を送りましょう。近年は電話やメールでお礼状を伝えることも多くなっていますが、お礼状は「贈り物を受け取りました」という報告と、感謝の気持ちを伝えるためのものです。またお礼状はできるだけ早く送ることを心がけましょう。 ちょうど暑中見舞いの時期とかぶるのでお礼だけでなくお相手の体調を気遣う文面を添えてもいいでしょう。



記事一覧へ

品名または品番、キーワードで検索できます

Design Series
Size
book