お手紙 CULTURE

「はがき箋」を使い分けて、暑中見舞い・残暑見舞いを届けてみよう

暑中見舞いや残暑見舞いは、なかなか会えない方や、お世話になった方の健康を気遣う夏の挨拶状です。
暑中見舞いは、小暑(7月7日頃)から立秋の前日まで、
残暑見舞いは、立秋(8月7日頃)から8月末又は、遅くても処暑(9月7日頃)までに届くように送りましょう。
お相手に合わせてデザインを選ぶといっそう想いの伝わるごあいさつになります。


目上の方には落ち着いた柄を

ビジネスでお世話になっている方や目上の方には、色味を抑えたデザインがおすすめです。
和をイメージした風物詩をモチーフにしたものや、送る時期に合わせたモチーフのはがき箋を選ぶと良いでしょう。
お相手の体調を気づかう言葉や、お変わりなくお過ごしか尋ねるのが一般的です。




親しい間柄なら楽しげな雰囲気を

友人や家族にはかわいらしいデザインや、にぎやかな絵柄のデザインがおすすめです。
夏の思い出や、近況報告、帰省のお礼を伝える等が一般的です。



暑中見舞いや残暑見舞いは、夏の暑さが話題の中心になりがちですが、楽しい出来事や次の季節のことを盛り込むと粋なごあいさつになります。お気に入りのはがき箋を見つけて、夏のごあいさつを贈りませんか。

記事一覧へ

品名または品番、キーワードで検索できます

Design Series
Size
book