生きとし生けるもの

M.B.ゴフスタインは、私たちの住むこの星を広大な宇宙の中において、みつめ、あるいは、この星の砂の一粒にまで近づいて見せてくれます。「生きとし生けるもの」は、世界にはたくさんの楽しいことがあるけれど、みじめでかなしいこともたくさんあるのだということを、いきいきと語っているのです。
いつものように、ゴフスタインの描く風景はわずかの線でつくり出され、たちまちのうちに親しみをおぼえる人物たちが登場します。しかし、長いことゴフスタインの愛読者である人たちでさえ、「生きとし生けるもの」の画の美しさ、さらに豊かな線、より鮮やかな色彩に、目をみはるでしょう。言葉と画の両方からみて、この本は、ゴフスタイン独特の才能、簡潔さというものを、とてもよく表現しています。
詩人の谷川俊太郎は、ゴフスタインの言葉を、静かでみごとな日本語に翻訳しました。本の主題は、まさに今の地球に住む私たちの問題です。



著者:M.B. ゴフスタイン
翻訳:谷川 俊太郎

本体サイズ:19cm×15cm
ページ数/32ページ
品番 901-24
販売価格
1,620円(税込)
購入数

おすすめ関連商品

ブルッキーのひつじ
販売価格: 1,188円(税込)
私の船長さん
販売価格: 1,188円(税込)
作家 A WRITER
販売価格: 1,620円(税込)